2011年5月アーカイブ

弊社の粉骨サービスも、お蔭様でお問い合わせをいただけるようになり、

皆様方のお役に立ってきたのかなと思います。

色々なご事情等があり、散骨等の選択を希望なさる方が多くなってきましたが

散骨会社といっても全国にものすごい数があります。

その中でどこに依頼するかは、それぞれご葬家様のご判断に委ねられます。

私も逆にお願いする立場で考えると、さてどこに・・・・??????

余りにも多くありすぎるので・・・・・決められない↓↓↓↓↓

その中で選ぶとなると、

何かピンときた!

HPを見てここならと思った!

電話での問い合わせの感じがよかった!

故人とのつながりのキーワードが一致した!

依頼会社が自宅から近い!

等々色々な理由で選ぶしかないみたいです。

そこでいい施工会社にあたればいいのですが・・・時には・・・・・

何とか間違った選択をしないで済む方法はないのか?と思いますが

今の段階ではなかなか難しいとしか言えません。

それも全て「縁(えにし)」決められた定めなのかもしれません。

弊社としては、少しでもいい「縁」があることを切に望み、ご葬家様のお役に立てればと

思います。

 

                                     珊瑚礁  代表

この仕事は、特殊な仕事です。

お客様からの信用を得るのは非常に難しいと認識しています。

チャーター、合同はお客様が実際に乗船をされ、ご自身が海に還す訳ですから、

先ずは信用していただけるのですが・・・・・・

一番の問題は委託散骨です。

「本当に海に撒いているのか?」「どっかその辺りに撒いているのでは?」

「ちゃんとやっているの?」・・・・とかご葬家様の心配は尽きません。

確かにご遺骨をお預かりしてから作業を進める段階も、実際に海に還す時も・・・

ご葬家様は、その目で確かめられないから仕方がないのかもしれません。

マスコミにペット葬等でいい加減なことをして大問題になったことが報じられたことも

ご記憶にあると思います。

このご葬家様の不安を取り除くにはどうしたら良いのか?

日々考える私ですが・・・これが万人に通じる答えなんかある訳ありません。

よく言うのは、「不安であれば実際に私に会ってください」の一言だけです。

会えば人間ですから、その人が信用できそうか、できなさそうかはある程度分かります。

それしか方法は今のところないような気がします。

敢えて言うなら、自分自身、寝覚めの悪いことはしたくありませんし、後ろめたい気持ちをもって

毎日過ごすのも嫌です。

ましてや、ご葬儀に携わる人間として「正直」は必ず守らなければならないことです。

これができない方は葬儀業界から、すぐに立ち去るべきだとも思っています。

人間の「死」というものはとても尊いものであり、故人を取り巻く方々の「悲しみ」に

「嘘」があってはならないとういのが私のポリシーであり、会社全体のモットーでもあります。

 

                                珊瑚礁  代表  今井

 

 

先日ブログを書きましたスタッフのIです。

お蔭様で母の手術は成功しました。

ご心配いただきました方々に感謝申し上げますm(.  .)m

最近の手術というものは本当に進歩したんだなぁとつくづく思いました。

開腹手術ではなく腹腔鏡手術というものでしたが、大手術のはずなのに

1週間で退院できるそうです。

テレビの世界でしか知らない手術シーンが頭をよぎるのですが、

先生の話では、出血もほとんどないそうです。

?????テレビでは大量の血が出ているところしか見てないのですが・・・

まあとにかく無事に終わって家族全員ほっとしております。

ここのところ、全然仕事が手に付かない状態でしたが再開しなければ

社長の怒られそうなので頑張ります!

 

                                     スタッフ I 

本日海外にお住まいの方からのお問い合わせを、国内にいらっしゃるご友人経由いただきました。

お話をお伺いしておりましたら、海外にお住まいのご友人がネットを検索して弊社にたどり着いた

とのことでした。

ネットは全世界を網羅していることは知っておりましたが、本当に海外でも自由に日本のネットを

自由に閲覧できることを実感しました。

しかも海外から日本のフリーダイアルにはつながらないということも今日初めて知りました。

まだまだ世界ということを考えると知らないことばかりです。

 

                                          スタッフ I

 

久々のブログです。

ここのところ、バタバタ忙しくて全くブログを書く暇がありませんでした。

皆さんにもご両親様がいらっしゃるでしょうが、大切にされていますか?

なぜ、こんな文章?と思われるでしょうが・・・・

実は私の母が入院をしてしまいまして、この3週間位バタバタしておりました。

いつまでも元気でいて欲しいと思っている反面、元気であるはずという思い込みが先行し、

あまりピンとこなかったのですが、いざ入院騒ぎになりますと大変な事になります。

今まで苦労や心配ばかりかけてきた私ですから、ここは親孝行というか恩返しをしなければ

という意識が強くでてきましたね・・正直な話

毎日病院にも行き、顔をみせてきておりますが、「来なくてもいいよ」と言うものの

母は喜んでいるみたいです。

お蔭様で、母の方は手術はしますが大事には至らないみたいで家族一同ホッとしており

本日久々にメールを書く気になった次第です。

自分も二人の娘の親ではありますが、娘達は私は不死身みたいに思っていると思います。

皆さんも親が元気な時に、親孝行をしておいた方が後で悔やまないと思いますよ。

実際にその場面にならないと分からない事が今回よーく分かった気がします。

親を大事にしましょう!

 

                                 スタッフ I

 

最近、問い合わせの中でペットの粉骨や散骨はできるのか?という内容が

非常に多くなってきました。

詳しく調べていないいので定かではありませんが、以前空前のペットブームがありました。

その時飼われたペット達がそろそろ10年以上経つのかもしれません。

10年一緒に家庭にいれば、飼われていた犬はもう人間でいうと90歳位でしょうか?

天寿を全うできたことは、飼い主様が余程大事にされていた証拠でしょう。

逆に言えば、飼い主様にとっては、大変な心の痛みがあると思います。

私も以前飼い犬を病気で亡くしたときは、涙が止まらなかった記憶があります。

もう二度と犬は飼わないと家族で決めたものの、何故か今足元ですやすや寝ている

物体があります。

よーく見ると・・・・・・・・・・やっぱり犬でした。

ペットが好きな人は沢山いらっしゃいます。

亡くなったときの悲しみは大きいですが、次のペットを飼った後も前のワンちゃん・猫ちゃん

のことを思い出してあげてください。

思い出してあげる事が一番の供養です。これは人間でも同じ・・

私は、前の犬達の事は忘れませんし、思い出してあげている間、天国でその犬達は

私と尻尾を振りながら戯れているのではないかと思うことにしています。

そんな回想をしていると、分かるんでしょうか?今飼っている犬が恨めしそうに

私を睨みます。(笑)

はいはい、散歩行きましょうね・・・・・

 

                                     代表

 

 

ここ何日間、暑かったり寒かったりして、体の調子を崩されている方が多いと思います。

4月末にも、「あれっ?」と思いましたが、5月に入って色々なお取引先に伺いましたら

もうクールビズが始まっていました。

例年はもう少し遅かったはずですが、大震災の影響の節電効果はここまで影響が出ているのか

と実感しました。

でも、地球の為にはとてもいいことですし、本来の姿に戻っただけかもしれません。

このように節約?に勤めていかなければ・・・慣らしていかなければ

この夏は昨年よりも暑くなるといわれていますから、電気も足りなくなるだろうし

大変なことになってしまします。

昔はみなこういう生活だった訳ですから、みんなでこの国難を乗り切りましょう!

でもよく考えると、汗をかくことは人間にとってとっても良いことですから

この夏はみんなで大いに汗をかいて、体内の毒素を出して健康になりましょう。

このように考えればクーラーに頼らない、健康志向も戻ってくるかもです。(笑)

 

                                       スタッフ A

 

 

 

今後の葬儀の形はどのように変化してくるのだろう?

今現在、葬儀の形は目まぐるしく変化してきている。

昔は、あるお宅にご不幸があれば、近所の方たちが協力し合って式を

上げられていたが、最近はマンションという物がでてきてからだと思うが・・・

近所付き合いが無くなり、個々に式を上げている。

しかも高齢化社会も加わると、施主の方も定年を迎えており、なかなか

会葬者を集められない。

葬儀というのは、会葬者が沢山来てくれれば来てくれるほど、葬儀負担が軽くなる。

もちろん香典が沢山入るからだが・・・

中途半端にやるとものすごい負担となる。この現実は10年に渡る葬儀業界にいたから

よーく分かるし、見てきた。

会葬者が沢山見込めないのなら、家族葬(昔の密葬)にしてしまった方がましである。

そのような変遷があり、最近の葬儀が規模の減少が目覚しい。

その中で、今はそれをも通り越し直葬(火葬のみ)というのがかなり増えてきた。

経済不況も影響しての話であろうが、以前では考えられないことが今起こっているのだ。

これから先はどのようになるのだろう?

直葬より安価な方法ってあるのだろうか?

ひとつ考えられるのは、行政主体の合同葬形式位だが・・・本当に?そうなるの?

今は、考えにくいが確実にまた葬儀業界は変わるであろう。

その行き先がどの方向を向くのか?

いずれにしても「散骨」の需要は増え続けるであろう。

と我思う。

 

                                     珊瑚礁

 

 

 

 

 

 

このGWが終わってからになりますが、弊社では九州の佐世保での散骨を実施します。

但し、弊社のスタッフが長崎まで伺いますと、非常に金額等が上がってしまいますので、

信用のおける同業者様に委託いたしました。

とてもいい社長様で、信用のおける会社です。

ご葬家様にも、本当に親切・丁寧に接していただき、弊社にも逐一ご報告を

いただいておりますので、私も進捗状況が把握でき、信頼感が出ております。

このように、全国には沢山の散骨業者様がいらっしゃいますが、本当にご葬家様の立場に

立って考えていただける業者様は、いったい何社位あるのかな?と思ったことがありましたが

この度の施工で、全国の同業者のネットワークを作っていき、ご葬家様のあらゆるご希望に

添えるようにするのが私の務めであると実感しました。

今後もますます精進して、ご葬家様の為に尽くして参りたいと思います。

 

                                珊瑚礁  代表者

 

 

 

 

GW

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんは、今GWの真っ只中でどうお過ごしでいらっしゃいますか?

このGWを海外や実家で過ごされる方が沢山いらっしゃることと思います。

その中でも今日はお仕事の方は、かなり気分的に「あーあ」という感じでしょうね。

2・7日に有給をとって繋げれば、10日間のお休みを取ることも可能なGWです。

私どもの仕事というと、お休みなど全く関係の無い仕事ですし、

逆に皆様方がお休みに日に散骨をされるケースが多いので、連休などは

全くありません。

でも、前のブログにも書きましたが、お客様からの「ありがとう」の一言で救われます。

誰かの為に尽くせる事が、この仕事の一番大事なところですから、

スタッフ一堂、GWに浮かれないように一生懸命頑張ります。

 

                                          スタッフ M

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

アイテム

  • www125_41_nf.gif

最近のコメント

  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どんなものでしょうか 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どの辺の地域ですか? 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 家にもペットがおりま 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: ネットで見てみたら、 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 海外での散骨に関して 続きを読む

リンク

ウェブページ