2011年9月アーカイブ

ここのところ、散骨需要の高まりを肌で感じるようになりました。

確かに寒い季節に入ってくるので、なかなかご自身で散骨という気にはなれないとは

思いますが、やはりそこは人間の感情が大きく出てきます。

いくら寒くても、故人様への思いは季節は関係ありません。

やはりご自身で海に還して最期のお別れをしたいと思う方はやはり多いです。

ただ、ご参加になる方々の事を考えてしまうと委託散骨になってしまうのかな?

それに加え、生前での終活で遺言に散骨希望での資料を集めていらっしゃる方々が多いのには

びっくりです。

私としては、そんなことを考えずに元気でいて欲しいという一言につきます。

お電話でお話できるチャンスがある方々は、皆さんお元気そうです。

その元気をいつまでも維持してください!

 

                                           スタッフ T

本日3名様の施行をさせていただきました。

お天気は昨日も雨で心配しておりましたが、朝起きたら曇り・・・

それでも雨が降っていないので予定通りに集合して出航を待っておりましたら

出航直前に薄日が射してまいりました。

散骨式を開始する際には、とてもいいお天気になりました。

やはり、葬儀には不思議な力が働くのかもしれません。

依然も式に時だけ晴れて、後は雨ということがありました。

見送る方々も見送られる方も、いい天気でいい思い出にして欲しいという念が

働くのかもしれませんね。

私はそう信じたいです・・・・・・

 

                                 代表

ここのところ委託散骨の件数が急増しています。

まだ海に対して寒いというイメージはない時期なのですが・・・・・

出来る限りご葬家様自ら故人様をお見送りして欲しいのは

私どもの願いではありますが・・・・・

やはり色々なご事情が皆様お有りみたいです。

でも、安心していただきたいのは

委託散骨であっても、私共は打合せをさせていただいた人間が

必ず乗船する様にしております。

何故なら、ご葬家様と接触をさせていただき、ご事情をある程度わかっていれば

最期のお別れの時に、ご葬家様に代わって故人様に声をかけてあげられるからです。

そんな少しの気配りですが・・・・

弊社はご葬家様の痛みを少しでも癒して差し上げられたらと思って日々施行を

させていただいております。

 

                                         代表

本日は、かなり久しぶりに関東に台風が上陸しました。

今現在暴風雨の真っ只中ですが、本日粉骨が2柱様ございました。

この天気の中なのでご遺骨に万が一のことがあったらどうしようという中

車もワイパーが役にたたないような時もありましたけど、無事終わりご葬家様の元

お還しすることができました。

故人様にはこの台風の中大変申し訳なく思っておりますがご容赦下さいませ。

来週に施行いたしますが、今日の台風が嫌なもの全て持っていってしまい

いいご供養になる散骨式ができますように・・・・

 

                                      スタッフ I

一昨日あたりから気になっていた天候で、17日は曇りの予報・・・

昨日の夜には雨が降るような予報でしたが、最近の天気予報はよく当たりますね(笑)

夜にはかなり雨が降り、今日は大丈夫かな?という不安な夜を過ごしました。

朝目覚めると、天気は快晴とまではいかないにしても雨は止んでおり、

なんとか施行ができそうです。

天候に左右される仕事ですから、かなり気を使いますし、思った通りに行かない仕事ですが

ご葬家様・故人様にご満足いただける施行に努めております。

 

                                      スタッフ T

今度の17日(土)の施行はなんとか天気が持ちそうです。

今年、天気に悩まされたのですが今回は今のところ大丈夫みたいです。

でも楽観は出来ませんね。

今年は台風パレードですから・・・・・

 

 

                             スタッフ I

先だってある方から、こんなお話を伺いました。

亡くなった方は、元漁師の方でした。

それも、あの東日本大震災の津波によってでした。

本当に悲しい出来事で、まだまだ遺体の見つからない方々が沢山いらっしゃる中

遺体は発見できたそうです。

ご遺族としては、尊い命を奪った海に 怒りはあれど安堵など感じないはずです。

しかし、現実問題は先祖代々のお墓も全て流されてしまい、埋葬するところが無いというのが

現状だそうです。

本当にお悔やみ申し上げます。

そこで行き着いたところが、大好きだった海に還そうという結論でした。

現在、東北の漁港はすこしづつ回復の兆しは見えるものの、まだまだ船の数が少なく

散骨ができない状況です。

弊社では、必死に船を探しておりますがまだ見つかりません。

1日も早い復興を願うばかりです。

そして、1日も早く亡くなった方々の「やすらぎ」が訪れますように・・・・・・

とても胸が締め付けられる想いです。

ご冥福をお祈りいたします。

 

                                       代表

散骨の業界には波があります。

節目節目の前が需要が高まります。

お彼岸前、お盆前がやはり需要がありますね。

色々ご事情があり、なかなか納骨ができず家に安置してあったが

このままでは申し訳ないという思いから決断なさる方が多いからだと感じます。

散骨というのは、ある種決断が非常にいる葬送方法でもあるのがよく分かります。

ただ、自信をもって散骨葬送を選択してほしいと思います

 

                                 スタッフ I

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

最近のコメント

  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どんなものでしょうか 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どの辺の地域ですか? 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 家にもペットがおりま 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: ネットで見てみたら、 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 海外での散骨に関して 続きを読む

リンク

ウェブページ