2012年8月アーカイブ

ここのところ「墓守」という今まであまり聞かなかった言葉を耳にしませんか?

私達日本人は、仏教徒(ほとんどの方)ですので 昔から死んだらお墓に入る(土に戻る)風習が

ありました。

その結果、「高額なお墓の費用」、「無縁墓」、「永代供養での費用」などと言う問題が満喫しています。

これって何故??

今まではお墓があれば安心。死んだらそこに入って子供達がお参りに来るのを楽しみにしていよう。

な~んて事を考えていた方々ばかりでしたが・・・・・・・

果たして現状は??・・・・・・・問題の先送りしかなっていないのが現状です。

子供がいれば子供がなんとかしてくれるだろう。という考えは捨てましょう。

子供だってできることとできないことがあるんです。

というのは、「墓守」というのはどういうものなのか?

例えば私の家で申し上げますと・・・・・

今井家の墓は、先祖代々の墓と父が建てた墓があります。

もちろん。我々は父の建てた墓に入る訳ですが・・・・その後です。

私が生きている時はそれでいいかもしれない。でも家には娘2人しか子供がいないのです。

いずれ子供達は嫁に行って、姓が代わり今井の墓には入らないでしょう。

そうすると・・・子供達が生きている内は墓参り等の「墓守」をしてくれるでしょうけど

(ん?もしかしたらやらないかも??? いややってくれるのを信じて)

彼女達が死んだら、嫁ぎ先の墓にもちろん入る。

流石に孫が今井の墓守をする訳がない。

そうすると、折角建てた墓ですが、2代で無縁墓になってします・・・・・

かなり前に建てたので、その時はこんなこと考えもしなかったのが今になって大問題に・・・

「墓守」の絶対条件の一つに。その家系に必ず男の子が生まれなければならない!

でもそんなことありえません。

そうなると、この問題が浮上してくるわけです。

そこで、今の世の中で急浮上してきているのが、「散骨」という埋葬なのです。

高額な墓を買わなくていいし、金額も安価、将来誰にも迷惑を掛けないで済むという利点があります。

こういう時代だからこそ、注目を浴びる埋葬方法なのです。

みなさんのお宅では、将来の「墓守」はいらっしゃいますか?????

 

                                        株式会社Sea Dream

                                        代表取締役  今井健夫

世の中には沢山経営者の方がいらっしゃいますが、特に中小企業の経営者というのは

孤独ものです。

全てにおいて、一人で責任を負い、決断をしていく。

誰も助けてはくれない・・・・

そこにはサラリーマンとは全然違う重圧がある。

毎日悩み、不安と戦い、下のものにそんなこと何も考えていないみたいな笑顔でいる。

そんなもんですよね。世の中の社長って(笑)

うちの仕事は、兎に角 「海洋散骨」という特殊な仕事であるし、待ち仕事。

自分から取引先を回ったり、新規開拓はできるけど 入ってくるかは別問題。

かなりのプレッシャーで、夜も寝れない時もある。

でも、真面目に仕事をして お客様に満足が与えられたら そこからの広がりは無限大。

仕事に対しての取り組み方もサラリーマンとは違う。

サラリーマンはいくら頑張っても、所詮は会社の為・・・

でも経営者は、頑張れば頑張るほど 会社が大きくなったり 働く人が増えたり

成果が目に見えてくる。

それがあるから、やりがいがある。

世の中の経営者の方々!頑張りましょう!

そしてどんな仕事でも、お客様が相手にいるはずです。

そのお客様に喜んでいただけることが、自分達の会社を成長させるのだと・・・

 

                                                   代表

 

まだまだ暑い日が続いていますが、このところ朝晩の風はとても涼しい風が吹いています。

というか・・・今年の夏はちょっと変???

昼間は、確かに例年になくかなり厳しい暑さで、どうしてもクーラーに頼らざるを得ないのですが

夜寝る時なんかは、結構風が吹いていてクーラーを付けなくても結構寝れる。

寝る時にクーラーをつけるのが嫌いな私は、大変助かっています。

でも毎年2~3回位はつけていたはずなのに・・・・今年は1回もつけていない

今朝も窓全開で仕事を開始しましたが、かなり涼しい風でみんな快適です。

地域によっても違うのでしょうが、関東はこんな夏です。

確実に風が夏から秋に変わっている感じです。

でもこの温度差は体調には一番厳しいのかもしれませんね。

みなさん、体調を崩さないようご自愛下さい。

 

                                           代表

この仕事をしていて、つくずく感じるのは地域によってかなり散骨文化が違うなということです。

関東に関しては比較的多い地域となるみたいです。

逆に西日本ではどうか?というと、以外にも大阪などでは少ないとの事???

なぜ???

東京を中心とする関東に関して言えば、人口の半分以上が実は、ずっと前から関東に

済んでいる方々ではないようです。

学生の頃 地方から大学に通うので上京してそのまま就職・・・・

確かにそんな方々の集積が関東なのかもしれません。

地元に行けば先祖代々のお墓があるけど、そこは遠くて残す家族も供養にはなかなかいけない。

だからこっちで墓を建てなければ・・・等の問題があるみたいです。

それにこの経済不況、墓守の問題・・・色々混ざり合って関東の現況が出来上がっているのでしょう。

その中で、私どもは仕事をさせていただいている訳ですが・・・・・

前にも書きましたが、

「ご葬家様の不安を取り除き、安らぎと満足を与えること」

これしかないのでしょうね。

 

                                               代表

昨日、お友達の愛犬が亡くなったという連絡がありました。

本当に可愛がっていたので悲しみは計り知れません・・・・

かわいそうに・・・・

ただただご冥福をお祈りするしかありません。

でも、そのワンちゃん 友達の家に飼われて本当に幸せだったと思います。

心臓が悪かったみたいなのですが、色々手厚い看病をしてあげたみたいです。

それも仕事をしながら・・・

きっと、ワンちゃんも感謝して旅立ったことと思います。

これから 心の中でずっと飼い主のことを守ってくれることを祈ります。

私には 何もしてあげられないので そっと見守るのみです。

早く 悲しみからいつもの明るさを取り戻して欲しいです。

 

                                                  今井

昨日は4名様のお見送りを無事に執り行わせていただきました。

お天気もものすごく良くて、艇を止めても全く流されない状態・・・

献花をしてもお花は投げ入れた場所にずっと漂うというベストなコンディションでした。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。        合掌

 

帰社して暫くすると、先日パンフをお送りさせていただいた方からお電話。

生前の検討なのですが、色々お話を伺っていますと、

①将来、ご子息に負担をかけたくない

②将来的に墓守が絶える

③先祖代々の墓には入れない(入りたくない)

等のことでしたが・・・

深堀して家族構成を伺ったところ、このままの状態ではいずれご子息にずべて負担が

のしかかるであろうとの予想図が出てきました。

この解決策としてアドバイスはさせていただきましたので、色々対策は採られると思います。

 

散骨業者は依頼のあった仕事をただこなせばいいのでしょうが、私は後々のことも

全てクリアにならなければ、故人様が望んだ「散骨」の意義は薄れてしまうと思っていますので

差し出がましいとは思っていますが、環境を伺うことにしています。

それがベストな散骨を実現する「プロデュース」というものでしょう。

 

                                               代表

怒涛の3週間も今日でひと段落です。

この3週間、色々経験させていただき勉強になったことも多々ありました。

今日も4名様のお見送りをさせていただきますが、気を引き締めて頑張ってきます。

私共のスタンスは、いかにご葬家様に「安心」「満足」を与えられるかです。

私の個性は必ずお客様が信用していただけるというとこですから、

このスタンスは変える訳にはいきません。

今までご縁のあった数多くのご葬家様方のためにも・・・・

さぁ、これから現場に向かうことにします。

台風の影響がでるかもしれないと天気予報で言っていましたが、横浜は内海なので

その点の影響は無いでしょう。

今日も感動できるお見送りをしてきます。

 

                                          代表

この1週間怒涛の様な忙しさで頑張っていますが・・・・・・

この1週間、色々考えさせられた時間でもありました。

ご葬家様に、

自分達はいったい何ができるのか?

自分ではいいと思ってやっていることが

本当によかったのか?

本当にうまく施行できたのか?

本当に満足していただけたのか?   などなど・・・・・・

でも昨日の1本の電話で吹っ切れました。

それはこの前から書いているご葬家様ですが、「一生懸命、色々努力して船や諸々の準備、相談

に乗ってもらったし、会葬に来ていただいた方々もすごく喜んでいたし、本当によかった」

という内容でした。

そういえば、今まで施行させていただいた方々からは、お褒めや感謝のお言葉はいっぱいもらって

いますが、クレームって1件も無い事に気が付きました。

どの仕事も誠心誠意接してきていますので、「本当にあなたに頼んで良かった」という言葉が

圧倒的に多いことも・・・

本当にありがたいお言葉ですし、これからの自信にもなります。

顧客満足度NO.1を目指して頑張ります。

 

                                                 代表

優しい気持ちがなければ、この仕事はできない。

故人への気持ちはもちろんだが、喪主である残された方への優しさが一番大事かもしれない。

「死」という人生で一番悲しい場面に直面し、これからの事、遺骨の事、お墓の事・・・・・・

色々な事を考えた結果、「散骨」を選択・・・

前から書いている通り、散骨を選択する方々にはいろいろなご事情があります。

その気持ちが何なのかを、会話を通してすぐに読み取る能力が必要です。

それには、相手の言葉をよく聞き、相手がどんな環境状態で過ごしてきたかなどを

頭に入れつつ、自分で相手の方になったつもりで物事を考える。

これができれば、相手の気持ちが分かって、一番辛い、悲しい部分のフォローができるでしょう。

相手の方々も、一番辛い部分を分かってくれると思えば心を開いてくれます。

そこまでの信頼関係が瞬時にできれば、必ず想い出に残るいい散骨式ができるでしょう。

私達は常にそのような接し方で施行をさせていただいています。

 

                                              代表

 

今週の日曜日に大きな施行があってから連日粉骨作業あ入っており、怒涛の1週間に

なっています。月曜日と今日の1件も急に決まって執り行うことになりました。

弊社を信用していただいて大変ありがたいと思っております。

急な2件については、やはりそれなりの理由があって後にしたら可哀想なので、

無理矢理スケジュール調整して工面しました。

ご葬家も事情を察して、施行を急ピッチで進めることに対し、本当に感謝してくれました。

まぁ、これが私達の仕事なのでしょうね。

人が困っている・・・・これを助けずして何をする!

 

                                          代表

本日は25日施行のご葬家様宅にお邪魔いたしまして、最終打合せ並びに故人様を

一旦お預かりをさせていただき、粉骨作業に入り夕刻にはご自宅にお連れする日です。

少しでも長くお身内の方々とのお時間をとっていただきたいが為の配慮です。

でもこのサービスは本当にご葬家様から喜ばれてうれしく思っています。

昨日は色々考えてしまった1日になりましたが、私にできることには限りがありますが

その中で、自分の最善を尽くしていくしかないのだと思いました。

人間ですから至らないところなど沢山あると思いますが、「礼節」「気働き」だけは欠かさず

精進しながら粛々と進むしかないと悟りました。

これからも、今までのお客様からいただいた「本当にあなたに頼んで良かった。ありがとう」の

言葉を思い出しながら前に進みます。

 

                                              代表

昨日は、午前中に浮島方面にての散骨式を行いました。故人様の会社が浮島にあると

いうことでこちらの場所になりましたが、ご家族が乗船し浮島に向かう途中に色々お話を

進める中、ご自宅は本牧なので海からかなり近い・・・・ではベイブリッジを越えた沖にも

埋葬すれば、会社からもご自宅からも供養ができますよという話になり急遽2箇所で

式を執り行いました。ご葬家様からは、「電話や打合せ等で適切なアドバイスをいただき

本当に貴方に頼んでよかった」というお言葉を頂戴しホッとする間もなく

次は100名の大所帯の散骨式です。

予定よりかなり時間もおしてしまったし、なかなか100名を誘導するといってもかなり難しい

お式になりました。

でも有難いことに、ご葬家様からは「式に来ていただいた方々から、本当にいい式でしたね。

より結束が強まったみたいです。」等のお電話が入ったというお話をいただきました。

自分としては決して納得をしていませんが、いい勉強をさせていただきました。

ただただ、お施主様から「本当にありがとう」というお言葉をいただき、ただただ恐縮するばかりです。

通常の10倍の人数をまとめる方法をずっと考える日々を送りそうです。

2件のご葬家様、本当にありがとうございました。

 

                                                 代表

数ヶ月に渡り打合せを繰り返してきた今日の海洋散骨式・・・・・

あっという間にきてしまった感じです。

今日本番を迎えることとなりましたが、頭の中では何回も何回もシュミレーションを重ねたので

イメージは出来上がっていますが・・・・・果たして本番はいかに???

うちの女性スタッフのチーフもイメージが出来上がっていると言っていたので大丈夫を信じましょう!

お天気は良すぎる位の天気になりました。

肝心の私は、実は午前中、もう1件の施行があり羽田沖まで行ってきます。

その後、すぐに移動してこの本番に臨むこととなりますが、かなりあわただしい・・・・

でも変に間が空くよりスムーズに進行しそうな気がしてます。

本日は両家の為に全力を尽くし、いいお別れにしたいと思います。

 

                                         代表

この仕事をしていると、数多くのお問い合わせや相談のお電話をいただきます。

皆さん全く違う環境なので、一つ一つ違う答えが出てくるのですが・・・・・・

親身になって、今までの経験則からくるベストな答えをアドバイスしてあげるのが

プロの私の役目だと思っています。

心からその家庭の状況をお聞きして導く答えは、必ず相手の心に響きます。

昨日もご相談の乗らせていただきましたが、答えが真だったのか?お電話口で泣かれて

しまいました。多分その方にとってはベストな答えだったのだと推測します。

でも、それまで悩まれていた事の解決策が導き出されれば、その方は安心なはず。

相談者の不安や悩み等を取り除いて、「安堵感」を与えてあげるのが私の仕事なのでしょうね。

 

                                                 代表

今度行う会葬100名の散骨式ですが、打合せをするたびに故人様のお人柄や

若い方々への求心力を強く感じます。

昨日、最終打合せを行い今日明日で最終手直しを行いますが、今回は喪主様ともお話を

しましたが、不思議な力が働いています。

やはりこの世界は、未知の力が働くのでしょう。

というのも、何事もいい方向に自然と向くのです。

3ヶ月前に最初に打合せをさせていただいてから、かなり状況が変わってきたのは事実ですが、

最初はダメでも、どんどんいい方向に改善されていくんです。

船なんかは始め2~3艇の出廷で考えていたのが、大きい船を船会社の方がなんとか工面して

用意してくれて、全員1艇に乗り込むことができます。

やはり。お見送りをするのにバラバラよりは1艇の方がいいですもんね。

お天気をなんとか今日現在では大丈夫しうなので、気を引き締めて施行したいと思っています。

我々には、誠心誠意尽くすしか故人様や喪主様にして差し上げられないのですから・・・・

なんとか成功裡に終わらせたいと思います。

故人様、力を貸してくださいね!

 

                                               代表

本日は100名を超える会葬者乗船んお散骨式の最終打合せに行ってきます。

散骨では100名を超える会葬者が集まるのは、本当にまれです。

この業界に携わっているものとして、生涯に1回やるかやらないかのレアなケースです。

まぁ、依頼があったとしてもなかなか船を探し出すことが難しいので変更になるケースだと

思います。

今回は、弊社にご縁で入ってきました。私が以前船関係の仕事をやっていた関係で

比較的簡単に手配ができ、ご葬家様も大変喜んでおられました。

ただ、施行はこれから(来週)なので、失敗の無いように万全の体制を組んで行いたいと

思っています。その為には色々準備をしなければならないのですが、今日は一番大事な

最終打合せと粉骨作業です。

ここが終われば、後は施工日を迎えるのみ。

かなり緊張しますが、普段通り行うしかありません。

いいお式にしたいと思っています。

 

                                              代表

昨日、愛犬のワクチン注射に病院に行ってきました。

うちの犬、何故かその病院大好きで 行く前から興奮しちゃう始末。

行くと必ずしちゃうのが、うれション(トホホ)

病院の方でも分かっていて、オシッコシートを用意してくれてます(ハズカシイ)

注射の前に体重測定!  ゲッ! 5.4キロ!!!

また太った!!!!! 目が点!!

そして羽交い絞めされた後、注射!!

いつもは痛がらないのに、ワクチン注射は痛いみたい。

後ろを見て先生に「あんた!なにすんのよ!痛いじゃなのさ!」とガンミ!

その後、先生に 「この2日様子を見てくださいね。副作用で顔が腫れる場合がありますから」

と言われ、私は即 「もともと腫れてる様なのでよくわかりません!」と

病院中、爆笑!!

今、下でゴロンと寝てますけど、あなたヨーキーだよ! 普通の子の倍以上の大きさです。

 

                                             代表

 

弊社で散骨をされた方々へ

 

その節は大変お疲れ様でしたm(.  .)m

いかがお過ごしでしょうか?

今年もお盆の季節となりました。

もしお時間があれば、故人様のご供養の為にもそれぞれの海に足をお運びいただき

故人様を会話をなさってあげてください。

きっと故人様も喜びますよ。

まだまだ、暑い日が続きますが、お体にはくれぐれもご自愛下さいませ。

 

                                     海洋散骨プロデュース珊瑚礁

                                     株式会社Sea Dream

                                     代表取締役  今井健夫

お盆休みが始まり、お迎えをされているお宅も沢山あると思います。

実家でのんびりお過ごしの方、海外旅行に出国する方、色々いらっしゃると思いますが・・・

今日は、大陸高気圧と大陸高気圧が変な位置にあって日本列島の上に前線を置き去りに・・・

あーあ、一日雨ですね。

お盆休みで子供達は遊びたいのでしょうが、お父さんやお母さんは のんびり家で疲れが

取れるでしょう(笑)

私共の仕事は年中無休なので、遊びに行くことはできませんが(海外なんてもっての他)

悩んでいたり、困っている方々の笑顔が見れるのがなによりです。

今日は雨なので、外出はなるべくしないで過ごそうか?外に出るか?を馬鹿みたいに

犬に相談している私でした。

皆さん、お盆休み楽しんでください!

 

                                                 代表

 

昨日の施行は無事終了し、お客様から大変うれしいお言葉を頂戴し感激です。

これがあるから、この仕事が好きなのかも?

やはり、人間お一人を見送るわけですから大変です。

ご遺骨をお預かりして粉骨をし、水溶性袋に詰め、当日海に送るという一種単純と思われるかも

しれませんが・・・・やってみるとなかなかできないですよ。

先ず遺骨を手にとれますか?

遺骨を見て、その方の生前どのような状態だったか分かりますか?

なかなかやってみると大変です。

だからやりがいもある。

さて、昨日の散骨式ですが、出発直前にブログをUPして行きましたのであの内容です。

そして、昨晩は会合出席の為夜遅くなり、今日は朝一仕事に出てしまった為この時間の

UPですが、昨日は出た頃川崎で雨が降ってきたという情報が入り、うわ!こりゃマズイ!

という念に捉われましたが、なんとか大事に至らず曇りのまま船の到着を待つという状態から

いざ!出航!

目標ポイントに向かって走らせていると、空模様が明るくなってきて

ちょうど散骨式を行っている最中の上空から光が射してくるという やろうと思っても絶対できない

演出を自然がやってくえました。

遺骨は海へ向かって行きますが、魂がみんなに「ありがとう」と言いながら天に昇って行く様な・・・・

一種感動を覚えました。

お見送りの来られた方々も、式前と式後と全く顔が変わり晴れ晴れとしたお顔立ちに・・・

みなさん、本当に故人の事が大好きだったみたいですね。

いいお見送りができ、私どもも満足しています。

天に感謝

合掌

 

                                              代表

今日のお天気はずっと雨マークがあり心配していましたけど、

みんなの気持ちが天に届いたのか?できそうです。

昨日、ご葬家様とも連絡し相談した結果ですが、やれそうなので本当に良かった。

順延にしてしまうと、参加者のお仕事の関係でぐっと減ってしまうという話だったので

私個人としても、できるだけ多くの方々に見送って欲しい気持ちがあるのでホッとしてます。

ただ、快晴という訳にはいきませんが風も穏やかみたいでいいコンディションかもしれません。

散骨は、お一人お一人の個人様への気持ちが一番大事です。

それなくして「散骨」は成立しない・・・・・・これが私の散骨理論です

 

                                                  代表

明日の施行でこの一週間天気ばっかりチェックしていましたが、昨日まではどうしても

雨の心配があるなぁという不安な気持ちでした。

でも昨日のブログに書きましたが、お天気って本当に直前まで分からないんですよ。

今朝起きてすぐにPCに入っている天気ソフト数個をチェックしていたら・・・・・

あれっ?昨日と微妙に違う!!

施行の時間帯に雨雲無し!!

雨雲レーダー(時間毎の予想図)をチェックしてみたら33時間予想なので、今一施行時間に

届かないのでもう少ししたら見るけど、なんかおかしい???

他のソフトで見ると、あら~明日雨マークが取れて曇りになっている!!

なんだかできそう!!

昨日のブログの通り、明日できればお見送りの方々も多く集まれるというお話だったので

何とか故人様の為にもやりたいと思っています。

ただ、まだ結論は出さず、今しばらく天気図とにらめっこです・・・

かなり前に書きましたが、故人様とお施主様の願いって、きっと天に届くんだろうな~

この仕事をしていると、本当そう思います。

 

                                             代表

 

12日に予定している散骨式ですが、当初気圧等をみても崩れそうになかった夏型の配置が

台風12号の影響で微妙に変化をしてきました。

よりによって施行日に雨マークがつき、さてどうするか?という難問に当たっています。

かなりの確率で雨が降りそうですが全開の傘マークではないのと前日からの雨がどこまで

降るのかがポイントになってきそうです。

毎回ですが、天気には悩まされます。

大分固まってきた感じですが、相手はあくまで自然の天気・・・・

まだまだ分からないのが本音です。

何とか日曜日に、大人数で見送ってあげたい・・・・祈り

 

                                                 代表

昨日のブログにも書きましたが、私はご葬家様の数だけ葬送スタイル(要望)があると思っています。

ロボットではない私共には感情があり、それぞれの家で「生活」という歴史が刻まれています。

そこには一律性と言うものは存在しません。

どのお宅でも、まったく同じ生活のなどありえないからです。

そこには、様々な人間模様というものがあって、他人には到底分かりえないものがあります。

しかし、その家では大変大事な思いであることは間違いない・・・・・

その部分をどう理解して、ご葬家の要望にお応えできるかが、私共の真価と問われるところだと

思います。

「プロ」というのはそういうものじゃなきゃならない!

どんな厳しい要望でも、必ず全てはできないけれど(法律があるから)、少しでも残された方々の

お気持ちが安らぐようにしていきたい!

それが私共の姿勢です。

 

                                               代表

「散骨」と一言でいってしまうと簡単なのですが、葬儀の世界ってどれだけそこに集まる方々に

感動を与えられるかがポイントなんです。

感動が与えられれば、後になっても「○○さんの葬儀はよかったね」と言われ続けます。

それって故人様を思い出してくれる一因となるので大変いいことだと思います、

私は、故人様や集まってくれた方々の為に、色々な情報をご葬家様から伺った上で

この故人様にはこうしてあげようと色々パターンを変えて施行するように心がけています。

ですから、一律な施行は我が社に散骨にはありません!

この世で故人様にして差し上げられる最期の時ですから、みなさんに喜んでいただけることを

いつも考えながら施行しています。

 

                                             代表

5日の日曜日に急遽決まったお仕事ですが、実は次の日曜の施行です。

本日、ご葬家様宅に伺い故人様のご遺骨預かりをし粉骨を完了しました。

その前に打合せをさせていただきましたが、今回本当にご連絡をいただいてからすぐの準備

でしたので、お互い不安はあったと思います。(特にご葬家様)

「どんな業者なんだろう?」が一番でしょうが、そこは私の人間性?・・・・

小一時間かかりましたが、色々なお話をした中でやはりご満足いただけたみたいです。

最後に「今回の葬儀は、葬儀の担当者もいい人だったし、今回も本当にいい人に会えてよかった」

の一言をいただきましたから、大丈夫でしょう。

今日は遠方のご葬家様だったので早朝からでかけてしまいましたので、今やっとルーチィンワークを

している状態です(笑)

でも、疲れたけど非常に心は満足!

やっぱりこの仕事は究極のサービス業です。

 

                                                   代表

この仕事(葬儀関係)は、何か色々目に見えないものが働いているような気がします。

というのは、「導き」のようなものを感じるからです。

散骨業者は全国に数多く存在しています。

その中で何故弊社に?

うちにしかできない案件も中には沢山あります。

やっぱり、縁という導きなんだろうなぁと思いますよ。

他にいってたら、どうなっちゃったんだろと思いますもん。

正直に真心込めた仕事をしていれば、お施主様は喜んでくれるし、私共をうれしい。

究極なことをいうと、故人様も満足してくれていると信じています。

その故人様達が、うちをあの世から助けてくれているのかも?とふと思うことがあります。

目に見えない力を信じてこれからも頑張りますよ!!

散骨をすることで、皆さんのお力になれることを信じます。

 

                                                 代表

夏の風物詩ともいえる花火大会が、色々な所で開催されています。

神奈川では、1日に神奈川新聞社主催の横浜港での花火大会、昨日は厚木で鮎祭り花火大会が

開催されました。

子供が小さい時、毎年ご近所の方と厚木の花火大会はBBQをしながら見たもんです。

懐かしいなぁ~

昨日は大きくなった子供がお友達と見に行きましたが、雨が止んでよかったと思います。

因みに私は、音だけ・・・・・・

そのお陰で、日本男子サッカーが勝ったのを見れて大満足!!

男女ともベスト4ですね。

日本サッカーも金色の花火を咲かせて欲しいな~!!

 

                                                代表

私どもの仕事は、人間のエンディングの最終段階の部分のお手伝いなのですが、

仕事の種類的には大・小様々です。

前にも書きましたが、どんな仕事でも決して力を緩めないというのがモットーですが、

親身に相談にのって、最終的にそのご葬家の中にある諸々の問題解決をして最善方法が

導き出された時、ご葬家様の本当に「よかった」という安堵の表情が私にとっては 何物にも

変えがたい喜びです。

そこには必ず「笑顔」があります。この笑顔は作ったものではなく、自然に出てくる内面的な笑顔

ですから、見ていても本当にうれしくなります。

そういうご葬家様は私どものファンになってくれますし、絶大な信頼を得られます。

 これからもこの姿勢で仕事をすることを誓います!!

 

                                                 代表

 

私どもの仕事は、何より信用と信頼が第一です。

葬儀埋葬という故人様にとって一番大事なお仕事をさせていただくのに

お施主様から信用と信頼をいただけないのなら、受ける資格が無いというとこです。

「お客様目線」で何事も考え、色々なアドバイス等の最善策を提供するのが我々プロの仕事です。

中には、残念ながら仕事だから決められたことだけはやるよ  みたいな姿勢の方がいるらしいです。

とても残念です。

この「散骨」を選ばれる方々が、なぜ選んでいるのかをちゃんと把握しない限り、適切なアドバイスや

方法を提案する事はできません。

ですから、弊社の打合せはちょっとだけ長いです(笑)

でもその手間が最高の散骨式を実現させます。

 

                                               代表

今日は、今月施行予定の案件に必要な下準備をすることにします。

なかなかやる暇がない(本当はある??)ので、一気に片付けるつもりです。

一機に仕事が入ってきても、乗り切れる備品準備はしておかないとです。

これって一種料理とにているかも???

料理って下ごしらえが一番辛いし、めんどくさい。

でもここを怠ると、料理はできない。

何か仕事と同じような気がする。

今日は黒子デに徹して色々やるぞー!!

って、先ずは楽なPCでブログ書いてますけど・・・・・・(笑)

 

                                             代表

昨日こんなことがありました。

あるご葬家様宅に粉骨以来でお伺いしましたが、よくよくお話を聞くと

半分散骨で半分自宅に残すとのことです。

残されるのは大変いいことだし、私も賛成なのですがちょっと話が複雑になってきました。

遺骨を残されるのはお嬢様のご意向でしたが、7寸の壷のまま保管されるとのことです。

経験上、必ず負担になることが分かっていますので、作業を中断し手元供養を混ぜての

お話をし始め作業を後日にさせていただきました。

今回の作業をそのまま進め、いずれ残した分を再度受注すれば倍の売上が立つのでいいのでしょうが

私の性分として、知っていてご葬家様の不利益になることは絶対にできない!

葬儀の世界は「正直」が一番だと思っていますし、「ご葬家様第一主義」からも再検討をお願いしました。

その後、ご家族でお話をされ皆さんが納得されたとのお話をいただき、良かったと思っています。

利益を挙げることが社長としては一番大事なのでしょうが・・・・・やはりできない

この世界でプロとして運営している限り、最善の方法を導きだすことが、私の使命なのでしょう。

今後もこの姿勢で仕事をしていくつもりです。

 

                                                  代表

 

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

最近のコメント

  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どんなものでしょうか 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どの辺の地域ですか? 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 家にもペットがおりま 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: ネットで見てみたら、 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 海外での散骨に関して 続きを読む

リンク

ウェブページ