2013年7月アーカイブ

先日も書きましたお墓じまいによる散骨に関してのご遺骨乾燥ですが

最終段階を迎えます。

6柱あったご遺骨の壷のうち、少なくても2つは壷一杯の水(雨水等)にさらされていた状態でした。

その他のご遺骨は比較的湿気だけなので、時間短縮はできそうなのですが

水に浸かってしまったご遺骨の水抜きですが、第2段階まではなんとかいきましたが

最終工程がこのところの雨などのお天気でなかなか進みません。

今日もこの天気では最終まで持っていけそうもありません。

明日以降、乾燥に関しての最終工程を済ませ、今週中には粉骨までもって行くつもりです。

その後、日にちを設定して散骨を実施いたします。

 

 

                                            代表

まだ夏本番という感じは全然しません。というのも前にも書きましたが雨か曇りという

お天気が続いており、太陽がさんさんと輝く夏には思えないからです。

でも暦的には完全に夏本番です。

やはり、お天気に左右される仕事ではありますが・・・・

8月を見据え夏の散骨を考える方々からのお問い合わせが増えてきました。

海は夏が一番いいというイメージなのでしょうね。

確かに爽快な気分になれるのは間違いありません。

その爽快感とともに故人様をお見送りができれば、ずっと思い出になり

故人様の供養には一番いいと思います。

8月下旬には、合同散骨も予定しております。

散骨をご検討している方は、お早めにお申込下さいませ。

 

 

                                        代表

本日は先日お預かりしたご遺骨の乾燥作業第2段階に入る予定でしたが、

あいにくの雨で本日は実施見送りです。

明日以降に第2・第3(最終)行程を経て、いよいよ粉骨に入ります。

大事なご遺骨ですから丁寧な処理を施させていただきます。

それにしても、梅雨明けから暫くしてから全国各地でまるで梅雨みたいな

お天気になってしまい。夏休みに入った子供達も遊びに行けず

かわいそうな思いをして過ごしているのでしょうね。

 

 

                                       代表

ここのところ、葬儀の世界では「散骨」は外せないアイテムとなりつつあるみたいです。

何件かのお取引先からセミナーの話を頂きますし、やはりお客様のニーズが高まってきている

様です。

いよいよ、弊社も独自で「散骨セミナー」を開催検討する時期に入ってきたのかもしれません。

ただ、どれだけ独自で集客できるかが問題で、会場を押さえて誰も来なかったでは済まされない

ので、どうやって集客をするかがポイントでしょう。

この辺は、お取引先との連携が一番良いでしょうね。

興味を持っている方は沢山いらっしゃるわけですから、その「期待」に応えなければと

思っています。

 

 

                                            代表

昨日小耳に挟んだ話ですが、世の中には沢山散骨会社があるものの、

本当にいい加減な業者がいるという話でした。

お客様から大事なご遺骨をお預かりして、粉骨まではなんとかやっているのでしょうが?

船も出さず、岸から海に撒いちゃうとか?

中にはそのままゴミに出しちゃうとか?

本当かどうかは分かりませんが、耳をふさぎたくなるような話でした。

何で???そんな事が出来るのかが不思議です???

お客様が信頼してお金を払い任せた仕事です。責任があるはずなのに・・・・

私は葬儀の世界にいたから、葬儀の世界に嘘や偽りがあってはならないと

思って日々仕事をしてきています。

「誠実こそが一番の信頼であり供養」

これなくしては、葬儀の世界にいる価値無し!

上記のようなことをやっていたら、絶対罰が当たる!

こんな話を聞くと、つくづくいい加減な業者はこの業界から出て行って欲しいと願う。

その点、うちは誰に見られてもかまわないし、出航する時間には間違いなく船が

出るし、極当たり前のことをやっています。

今日は、ショックの余り、情けない話をしてしまいました。

 

                                      代表

本日、とあるお寺にお墓じまいのご遺骨をお預かりに行って参りました。

お電話やお会いして色々お話を進めてまいりましたが、一番の懸念材料かカロートへの

水に進入量でした。これは開けて見ないと誰もわからないのですが、

予想以上に水進入の壷が多くありましたね。

とりあえず、お寺で抜ける水は石屋さんに流してもらいましたが、帰社後壷を開けてみると

かなりの量がまだ入っておりましたね。

ここから、我々の仕事ですが紙等でまず水を吸い上げてから乾燥させていきます。

少し時間がかかりそうですが、地道に行わなければなりません。

また骨壷の中にあるご遺骨を水で流してしまっては申し訳ないのでこの方法しかありません。

乾燥も風の吹く場所で天日干しなどしたら、細かな骨片などひとたまりもなく飛んでいってしまい

ます。私共は、この方法はとっておりません。

あるものを使いますが、これは企業秘密なので書きませんが違う方法をとります。

数日で乾燥すると思いますので、それから粉骨作業にかかります。

それが終わってから、いよいよ散骨の船出です。

時間がかかる仕事ですが、最善を尽くします。

それが私もポリシーです。

 

                                            代表

最近というか?夏になったからなのか?

やたら海外での散骨を検討している方々が多いように見受けられます。

弊社のサイトへの入りキーワードで毎日の様に海外に絡むキーワードが

見られます。

散骨のイメージって海外の透き通るような海へのお別れを希望してるのかな??

と思いますが・・・・・

本当は、いつでも行ける海域の方が、故人様は喜ばれるはずなんですけどね。

亡くなっても、故人様とお身内の方々は繋がっています。

その心からすると身近な海をお薦めします。

 

                                        代表

散骨を終えたお客様からよく聞く言葉があります。

それは・・・・

「散骨は初めての経験でよく分からなかったけど、実際行ってみてとてもいいものだと

思いました。通常のお墓への埋葬は暗い思い出しか残らなかったけど、何か行ってみて

晴れやかな気持ちになれました。」

のような内容のお言葉です。

実は「散骨」というのはその通りなんです。

通常の埋葬とは違い、とても印象に残る埋葬です。

だから、故人様を忘れない。

この事は、一番故人様が望んでいらっしゃる事。

「悲しいお別れはいや」

「ずっと忘れないでね」

この望んでいらっしゃることを実現できる素晴らしい埋葬です。

 

                                       代表

今週末に、お墓じまいを実施します。

東京のお寺に私と東京支店長の二人でおじゃまし故人様達を

お預りさせていただきます。

その後、ご遺骨の乾燥から洗浄・粉骨と手順を済ませ、散骨を実施いたします。

行ってみて、お骨の状態を拝見させていただかないと何とも申し上げられませんが

水が一番懸念材料ですね。

さてどうなっているか???

 

 

                                              代表

世の中には沢山散骨業者が存在しますが(ここのところ急増)、

みなさんは、どこで調べてどこに依頼していらっしゃるのでしょうか?

ネット上では、内容的にはどこの会社でも同じに見えると思いますが・・・・

経験や実際に従事している人の経歴や人柄で、同じ施行でも大きな差がでてきます。

簡単に言うと、同じ事をしていても、担当者の技量で「感動できたお別れ」ができるか

できないかです。

よくよく問い合わせをしたり、話を聞いてみるのが一番です。

前にも書きましたが、葬儀には不思議な「ご縁」というのがあり、電話での問い合わせ

だけでもピン!と来るはずです。

その直感がきたところに依頼すれば、多分それが正解だと思われます。

 

                                      代表

梅雨が明けたら、いきなりの猛暑で夏生まれの私も流石に厳しいと思い

余り好きではないクーラーに頼ってしまいましたが、ここ何日かは全くクーラー要らず。

下手な服装でいるとちょっと寒いくらいの風が入ってきます。

実際の暦を気にしないで体感すれば、「あぁ秋だなぁ」なんて感じられる風です。

こういう風が吹いているときは。海に出ると本当に気持ちいいですよ。

とてもいい状態での散骨式ができるでしょうね。

でも、この風も無くなり本格的な暑さが来るのもこれからです。

体調には、くれぐれもお気をつけください。

 

                                           代表

お墓じまいのほとんどが散骨と連動します。

今現在眠っていらっしゃるお墓から新しいお墓に移転させる場合は別ですが

ほとんどのケースがお墓の存在自体を無くす方向で考えていらっしゃいますので

「散骨」という埋葬は必ず付いてきます。

弊社にもこのケースのご依頼が多く入るようになって参りました。

お墓じまいには、多額のお金が必要となってきますので、なるべく費用を抑えた

方法でやらせていただきたいと思っています。

それが、ご葬家様の為になるならそれが一番です。

今、現在生きている方が一番大事! 

これは、私の揺るがない考えです。

 

                                          代表

今年は、何かと気象(天気)が怪しい年となっています。

思い起こせば、年が明けてすぐは冬の海でよかったのですが

春先から例年吹く偏西風も強く吹き、かなり影響を受けました。

その後落ち着くかと思いきや、空梅雨と2週間も早い梅雨明け!!

余りにも雨が降らないので、水不足やらを心配しておりましたが・・・・

前にも書きましたが、こういう年はどこかで自然が雨量を調整するみたいで

水災害がおきやすい。

今回も東北に居座る梅雨前線の影響で東北地方は大変なことになって

いますし、関東中心に張り出している高気圧と梅雨前線のお陰で

その境界線上の伊豆に大きなゲリラ豪雨がおきましたね。

今年は本当に注意が必要な年となりそうです。

私共も海に出る仕事ですから、本当に気象データを分析しながら望むことに

いたします。お客様の安全が何より大事ですからね。

 

                                          代表

信頼の海洋散骨プロデュース珊瑚礁のFacebookページを作り、みなさんに

「いいね」ボタンをクリックしてもらいましたが、よくよく考えたら自社サイトのブログを

連動させていなかったので、毎日書いているブログが新設ページに反映されて

いませんでした(お馬鹿な私)

本日連動作業が終わりましたので、会社サイトのブログが上がるようになります。

これからも宜しくお願い申し上げます。

 

                                          代表 今井健夫

お盆の時期がやってきました。

関東では昨日送り火を焚いたご家庭が沢山あったかもしれません。

お盆、お彼岸という時期というのは故人様を偲ぶ時期です。

そういった古来からの故人様を尊ぶ風習というのは日本の心かもしれませんね。

そこで最近浮上してきたのが、家族で集まるこのお盆の時期に

お墓の整理の事、自分に万が一あった時の事・・・・

等などの話がでるみたいです。

そこで散骨の話になり、実施検討に入るケースが多々あります。

お墓、死後埋葬については大事なことなので、よくよくご家族みなさんで

お話をしてお決めになることをお薦めいたします。

 

                                               代表

近年「散骨」が非常に注目されていることは、みなさんご承知の通りですが、

この散骨と連動して動き出したのが、「墓じまい(お墓の整理)」です。

人間の死に伴って、その方をどのように供養すべきか?・・・

また今後どのように供養し続けたらいいのか?・・・

今までは、お墓の建立やなんとかお墓を維持する方法を模索しておりましたが

「散骨」を通して発想の転換があったみたいです。

勿論、「終活」というTVでの特集番組で情報を得たこともあるでしょうが・・

お墓を今後維持できないのなら、子供達に迷惑をかけずに自分の代で

墓じまいをしてしまおう。お墓の遺骨はどうすればいいの?

この様な考えから、お墓じまいをして、ご先祖様のご遺骨は「散骨」という埋葬に

変更しようという考えに至ったみたいです。

ですから、我々散骨業者にも数多くの「墓じまい」案件の相談が持ち込まれます。

その中で、しっかりした対応をとってあげないと、困るのはお客様です。

墓じまいには、場所によって色々違うみたいですが・・・・色々な手続き書類が必要です。

それをちゃんと作って上げられる業者に頼むのが一番いいと感じます。

勿論、弊社は書類はありますからご安心を・・・

 

                                     代表

昨日、友人と話すことがあって長話をしてしまいましたが・・・・

「そうだよなぁ」と思った事があったので書いてみます。

その友人は、かなり前から独立して自分で事業をしている人間なのですが

今の時代、かなり会社を存続させるのは厳しいという内容でした。

確かに、私も起業して数年経ちましたが・・・

いい時もあれば悪い時もある・・・・

ずっといいなんてありえない!

そこで、いい時に入ってくる収入をいかに悪い時にプールしておくかが

会社の一番難しいところという話でしたね。

でも会社を継続(存続)させていれば、必ず良い事があるよ・・・???ホントカ??

とも言っていました。

兎に角、どんな仕事でも(私の場合は散骨)今自分で出来ることをしっかり継続して実行すること!

これに尽きる!

というお話でした。(笑)

 

 

                                         代表

 

昨日、葬儀が少しお休みモードのような事を書きましたが、

あの後から問い合わせが増えてきました。

少しずつ動き始めてきたみたいです。

今日は、さほど暑くはありませんが、この時期にしては猛暑が続いたので

影響が出ているのかもしれません。

先日、今春散骨施行のお客様からお電話があり手元供養の壷を飾るステージと

仏具セットのご注文をいただきました。

施行の時に悩まれていらっしゃいましたが、お盆を迎えるのにあたって

やっぱりご購入の方向に向かわれたのだと思います.

あいにく、ご連絡を受けたのが遅かったので問屋が帰ってしまっていて在庫の確認が

取れていません。

週明けに連絡をして注文するつもりです。

何かの折にお電話をいただけるのって、いい施行が出来たってことですよね。

うれしいです。

 

                                       代表

 

 

昨日、懇意にしている葬儀社の社長と電話で話をしておりましたら

今、葬儀は全く動いていないという話が出ました。

東京に至っては、火葬場が1時間中0という時間帯もあったそうです。

それだけ気候が安定しているのでしょう。

ただ、7月からの猛暑で影響が出てくるのでは・・・????

弊社はこの間に、サイトの内部対策にかかることにしました。

一昨日から作業にかかってもらって、サイトの内部対策の修正が終わったという報告が

ありました。お疲れ様でした。

内部をいじったことで、多少サイト順位に影響は出てしまうでしょう。

ただ一回落ちてどこまで上がってくるかに期待したいです。

どう考えても今回の処理はやらなければいけない作業だったと確信しているので

暫く静観です。

この世の中、落ち着いている間に上がってくればいいのですがね・・・・・

 

                                       代表

 

昨日、長時間に渡りウェブマスターとサイトについて対策会議を持ちました。

今まではイメージ重視のサイト構成になっておりましたが、いよいよ見直しをし

ランクUPを図るべく対策を取ることにしました。

よくSEOの業者から、「月いくらでランクを上位に上げますが、どうですか」という営業電話を

もらいますが、みんながそれやったら順位どうなるのかねぇ・・・・???

それに、あまり効果は無いという話をよく聞きます。

一瞬上位に上がったと思ったらすぐに下がり、後上げるならもっと高額な契約内容にしないと・・・・

といったものらしいです。

うちのサイトは、この様な外部の力は一切借りずに地道に上がってきたサイトですから

これ以上リンクを増やしたりしても、費用対効果は見込めません。

それより大事なのは「あることをしっかり行うこと」だと知りましたので、昨日対策会議となった訳

です。私もサイトのことは素人ですから全く分かっておりませんでしたが、ちょっとだけ(かなり

私なりには真剣に)お勉強をしました。

その中で分かったことを反映させていくお願いをしたところです。

作業的には少し時間がかかるそうですが、ちょっと楽しみです。

自分で考えたものが、どういう結果になるかな??・・・・・・・

反映され検索ロボットが食いつくには時間がかかるのでしょうけどね・・・

 

                                              代表

今、真剣に散骨を通して皆様方に出来ることを考えています。

折角、自社サイトもあるわけですし、見ている方もいらっしゃる訳ですから・・・

このサイトを通して、「皆様のお役に立てることは何?」・・・・

我々は、「葬儀」と言うものに普段から接しているので当たり前と思うことでも

一般の方々は同なんだろう?

知っているのかな?

とか色々考えてしまいます。

自分で手軽に更新配信できるのは、ブログ機能を使ったページなので

これを利用して何かを配信していこうと思っています。

どんなタイトルにするかはこれから考えます。

 

                                   代表

今、巷では散骨ブームもあり色々業者も増えてきました。

日本海洋散骨協会も立ち上がり、この業界にもある一線も引いて悪しき散骨を

排除しようという動きもでてきました。

私どもも参加の検討をしておりますが、自社でのネットワーク拡充をまずやって

みようかな?とも思っています。

これから未成熟な業界ですから色々な動きがでてくるでしょう。

弊社もちゃんと動きを見据えた中でこれからの事業展開を考えなければいけないと

痛感します。

 

                                         代表

梅雨明け宣言が出された途端、めちゃくちゃ暑くて体調おかしくしている方が沢山

いらっしゃると思います。

夏生まれの私は、あまりクーラーを付けなくても過ごせたはずなのに、今年はダメですね。

クーラーをつけないと頭が働かないのと、やはり体調崩しそうなので午後の一番暑い時だけ

入れる事にしました。

梅雨明け直後はかなり風も強かったのですが、大分納まってきて夏らしくなってきましたね。

これからが、私達の業界のトップシーズンです。

体調をしっかり管理しながら頑張って乗り切ろうと思います。

 

                                         代表

昨日は、風がかなり吹いていた中ですが無事に散骨式を終えることができました。

当初、施主であるお嬢様が船酔い等色々ご心配になっておられました。

私もなるべく話しかける等の気を船酔いから遠ざける様に心がけておりましたが

船もさほど揺れず、船酔いは全くされませんでした。

逆に、船という異空間を楽しんでおられました。

お兄様がこの散骨式の為にアメリカから帰国なさるという非常にタイトなスケジュールで

したが、天候にも恵まれ、最期のお見送りも笑顔で見送るという素晴らしい散骨でした。

下船時に、握手を求められる程有り難がられるのは、私どもとしては最高の喜びです。

ありがとうございました。

 

                                         代表

昨日、まさかの関東甲信越地方の梅雨明け宣言が出されました。

私共の散骨業界にとっては、雨の心配が解消されるいいニュースではありますが

世の中的には、あまりの空梅雨で作物への影響が懸念されます。

また、今年は例年より暑くなりそうな感じなので水不足の問題も必ず出てくる

でしょう。それはそれで困ったことになりそう。

後、我々が一番恐れるのは、お天気(自然)はどこかで帳尻を合わせてくるという

不可思議な現象です。

これだけ雨量の少ない空梅雨の時は、台風などの影響がでるかもしれません。

その方がもっと恐い!!

いずれにしても、梅雨が明け、今日の施行は無事にできそうです。

前にも書きましたが、今日の故人様は雨男だったそうですが、お子様達の

願いでいいお天気になりました。(かなり風はありますが)

風に注意しながら安全な施行をやってきます。

 

                                      代表

 

明日に控えた散骨ですが、関東はとても暑くなる予報です。

今年初めての猛暑である34℃らしいのですが、今回のご葬家様は

お兄様が海外から駆けつけるので、どうしても明日施行をしなければならないので

晴はいいのですが・・・・・問題は風です。

昨日からかなり吹いてはいるのですが、明日も今のところ納まらないみたいです。

出航を見送るほどの風ではなさそうですが、心してかかることとします。

とはいえ、風はその日のその時間にならないと全く正直なところ分かりません。

何とか、少しでも納まっていて欲しいと願うだけです。

故人様、お力をお貸し下さいませ。

 

                                        代表

                                      

今朝は、早朝から雨が降っていたし止んだと思ったら今度は強風!!

散骨には一番嫌な天気です。

雨は何とかなるものの、風は一番危険度が増すので嫌ですね。

船の場合、車と違って陸との摩擦面が無いので風に良い様に持っていかれる

から恐い。

人間の力ではどうしようもない自然の力・・・・

うまく付き合うしか方法はありません。

今日は強風吹いててもいいから明日からは穏やかになってください。

お願いします。

 

                                     代表

今日は、西日本や北陸で梅雨前線の影響で大雨を降らせているようですが、

そちらの地方の方は、被害に合われている方が一杯いらっしゃるでしょうが大丈夫ですか?

関東地方といえば、太平洋高気圧が張り出ししてきて梅雨前線を上に押し上げている状態

です。これは梅雨明けの時の気象配置と同じです。

???もう梅雨明けるの????

という感じが強いです。本当かな???例年もう少し雨降るんだけど・・・・・

またいつ気象配置が変わるか分かりませんので、なんとも言えませんが・・・・

もしかすると・・・・・・梅雨明け近いかも

水不足やら、雨が降らなかったせいで作物の不出来で野菜の価格高騰!

とこれから被害が拡大してきそうな気がします。

我々の仕事としてはいいのですがね・・・・・

とりあえず、今週末の施行は大丈夫かな

 

                                代表

今週末の散骨施行は、この梅雨時なのですが、ご葬家様の気持ちが天に届いたのか

何とか今のところ大丈夫みたいです。

ただ、お天気は気まぐれですから このままの予想で言ってくれるかが心配ではあります。

何としてでも計画通りに施行をしなければならないので、神様お願いします。

というのは、海外から帰国される方がいらっしゃって、この日しかできないという

事情があるんです。

何とかお天気がもってくれて、いいお見送りが実現できるように祈ります。

ただ、お施主様がおっしゃっておられましたが、「故人様が雨男だった」という

一言です。

どうも、この一言が気になっている私です。

 

                                          代表

7月に入り、急に「散骨」関連キーワードで検索をされている方が増えました。

Googleアナリティクスで見てみると歴然の差が出ています。

やはり季節が関係しています。この業界は・・・・・

お客様の中にある「海」のイメージは、やはり「夏」なんでしょうね。

「海」だけを捉えると。夏の海の水より、断然冬の水の方が綺麗で透明感があるのですが

やはり、海=夏

この図式は鉄板なんでしょうね(笑)

 

                                        代表

本日は、東京で「お墓じまい」と「散骨」に関しての打合せに行ってきます。

「お墓じまい」は簡単そうで色々な問題が生じるものです。

慎重に事を運ばないと後々大変な問題に繋がると思われますので

慎重に対応しなければなりません。

また、費用的にもかなりかかります。

少しでもご葬家様のご負担軽減になれるよう努力したいとも思っています。

その為には、ご葬家様自身でやっていただくことが沢山ありますが、

お話を聞きながら的確にアドバイスができればいいと思っています。

兎に角、現状をよく聞くところから入ります。

 

                                     代表

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

最近のコメント

  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どんなものでしょうか 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: どの辺の地域ですか? 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 家にもペットがおりま 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: ネットで見てみたら、 続きを読む
  • https://www.google.com/accounts/o8/id?id=AItOawkNMnV_ygC3M4SYYHOoFgU-lEatLdZzf0w: 海外での散骨に関して 続きを読む

リンク

ウェブページ