2013年1月アーカイブ

先日はありがとうございました。

今年中におこなえてほっとしております。

寒さが日々厳しくなってきましたので 

あの日に出来た事は好運だと思います。

娘は「今井さんにお願いして良かった」と

言っており 私もそう思いました。

感謝しております。

証明書はタンスの上にかざりました。

まずはお礼まで申し上げます。

 

                                        横浜港沖にて

 

平田様.JPG

先日は義父の散骨で大変お世話になり ありがとうございました。

又、沢山の写真をお送りいただき、散骨証明も立派なものでしたので驚きました。

いろいろごていねいに取り計らっていただき感謝です。

写真を見ながら、子供たちと その時の事を再び考え いろいろな事を思い出しました。

本当にありがとうございました。

寒くなりますので、お体ご自愛下さい。

 

                                          横浜港沖にて

関根様.JPG

今井様

先日は大変お世話になりました。

昨日、座標証明書とCD-RWを受領致しました。

お手紙ありがとうございました。

おかげ様で、一つの区切りがつきました。

万感の想いは、私自身 最期まで尽きることはないと思いますが ○○を

私の軸とし、風の様に生きて行こうと思います。

ありがとうございました。

 

                                         相模灘にて散骨

 

このご葬家様には

「本当に今井さんに会えてよかった!」というありがたいお言葉も現地で頂戴しております。

 

                                                代表

磯上様.JPG

今井健夫様

この度は大変ご丁寧に対応を戴き誠にありがとうございました。

主人が最も愛する場所である海に還してあげることが、最高の供養だと思っております。

何卒 お力をお貸し頂きたく宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

                                            横浜港沖

杉村様.JPG

拝啓 軽暑のみぎり

この度の散骨に際しましては、格別の御心遣いを戴きまして誠に有難うございます。

父が亡くなってから早5ヵ月半、

おかげさまをもちまして、5月17日

好天の下 無事に散骨式を済ませることができました。

思い起こせば 昭和51年3月24日 当時10歳の私は、父に連れられて

横須賀に基盤をおくために 先発隊として 二人だけで佐世保から この横須賀へ

やって来ました。

あれから35年 今度は軽くなってしまった父を 私が連れて帰る事となりました。

それは、まさに万感の想いで その気持ちを持って父を故郷のきれいな海に

還してあげることは またそれが出来たことは 私から父への最大級の恩返しと

なったと思います。

家族全員 これから先の人生で あの美しい光景を決して忘れることはないでしょう。

何よりも母がこの散骨によって笑顔で父をおくる事ができたと言っていたことが

私は本当にむくわれたと思えました。

これで、母も私も前に進んで行くことが出来ると確信しました。

今井様と直接メールでやりとりを始めたのは、2月1日でした。

それから100日以上 本当に長い間 お世話をして戴きまして ありがとうございました。

特に手元供養の御助言には 大変感謝しております。

今ではその大切さが良く解ります。

等々・・・・・・・・

敬具

                                      5月吉日 九州長崎県佐世保にて

hatasama.jpg



このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

  • 坂口様

リンク