2016年12月アーカイブ

IMG_0730.JPG

前略

このたびは大変お世話になりました。

海洋散骨、妹の希望、意思とはいえ高齢の母親

にしてみれば お墓に埋葬が当然の流れであり

どう納得して貰えるかが心配でした。

今井様とお骨のお預けでお会いした際

親身にお話してくださり その話を母にも伝えました

そして「最後は笑顔で送って下さい」と戴いた

言葉を見送ってくれる皆に伝えました。

迎えた当日は11月とは思えぬほどの穏やかな日和で

このような穏やかな陽の海に送る事が出来て幸でした。

従兄弟も一緒にたくさんで見送りお別れ致しました。

帰港する船を迎え「沖の海も凪で花々もゆっくりと

漂い流れて行きましたよ」と伺い安堵致しました。

その後早々に海洋散骨座標証明書を頂きました。

ありがとうございました。

母は「きちんとして頂けて良かった」

「海を最後の落ち着き先とするのもひとつの在り方

だと思うことが出来た」と そして

その盾を母は「これが証 お墓と思う」と言ってくれ

ました。

妹の意思を尊重して本当に良かったと思いました。

Sea Dreamの今井様を始めスタッフの皆様

大変お世話になりました。

お礼を申し上げます。ありがとうございました。

妹は広い海を旅しているのですね。

 

寒さ厳しくなります折、皆さまご自愛下さいますよう

お祈り申し上げます。

 

平成28年11月                       ○○ ○○