2017年4月アーカイブ

今井様、ご多忙中にもかかわらずメールをありがとうございました。

 

プレミアムフライデーなど無職の主婦には関係無いと思っておりましたら、

ポイント3倍だの特価だので、母から頼まれた買い物で走り回る一日でした。

 

父の希望をかなえることができ、胸をなでおろしております。

母は「良かったわよ~」と友人らに自慢しているようです。

パソコンを使えない母には写真をプリントして渡しましたが、

写真を収めたアルバムを「ウチに来た人みんなに見せる」と言っております。

 

今井様に依頼して、後悔することは何一つございませんでした。

海洋散骨について迷っている人、不安を抱いている人には

今井様のお仕事をご紹介していきたいと思います。

 

合同散骨でしたので3名だけでの乗船でしたが、

「乗りたかった」

「写真見せて」

の声が次々と届き、写真をプリントして送ったり、

慣れないパソコンを操作してメールに添付して送ったりの毎日です

じわじわと「いい見送りができた」と実感しております。

 

今後も今井様とスタッフの方々が

たくさんのご家族の「良い思い出」を増やして下さいますように。

 

ありがとうございました。


この様な有難いメールを頂戴致しましたので貼り付けさせて頂きました。

感謝です。



                                     代表

IMG_0770.JPG

ゴールデンウィークが近づき 世間では行楽気分が高まっている中
相変わらずお忙しくなさっているようですね。
4月22日(土)には父を見送って下さりありがとうございました。
足の不自由な母の事については事前に細かい相談にのっていただき
当日も皆様にずいぶんとお手伝いしていただきました。
大きい船を用意していただけましたので 乗降もお任せしっぱなしでしたが
おかげさまでスムーズに、他のお客様への影響が少なくて済み安心いたしました。
遠方の親戚には、「お母さん 車椅子で乗ったの?」と驚かれております。
他社様でしたら断られたり あるいは母が窮屈で辛い思いをさせられたかもしれません。
今井様、スタッフの皆様の誠実なご対応がなければ そもそも海洋散骨はお願い
しなかったかもしれません。
きちんとマナーを守り、丁寧に執り行っていただいたおかげで 
親戚らにもありのままを自信を持って報告することができます。
海洋散骨は身近では まだまだ事例が少ないのですが 関心は高いようです。
今井様からうかがったお話等を伝えていければと思います。
大変お世話になりありがとうございました。
堂か皆様 お元気でお過ごし下さい。

今井様                            〇〇 〇
おはようございます。毎度、問合わせフォームからの送信で失礼いたします。4月22日に父の散骨をしていただいた時の証明書、写真をありがとうございました。昨晩、郵便受けから持ち帰りました。きれいな額入りの証明書とたくさんの写真、プリントする等して親族に挨拶・報告いたします。船上での揺れに慣れないため自前のデジカメでの撮影はあきらめておりました。横浜らしい風景の写真も多く、スライドショーで見ると動画に近い臨場感で楽しめました。ご心配おかけしてばかりですが、おかげさまで母も喜んでおり元気で過ごしております。「揺れた時に足を踏ん張った」と話してはいましたが、疲れが残ったということは無く、むしろ久しぶりに船に乗れて嬉しかったようです。お礼状は改めて送らせていただく予定ですが、まずは受取のご連絡とお礼を申し上げます。ありがとうございました。
 問合わせフォームからで失礼いたします。また先ほどキー操作ミスで空メールを送ってしまったようで申し訳ありません。

  昨日は父の合同散骨で大変お世話になり、ありがとうございました。船酔いしやすい私は酔い止め薬の副作用で途中からもうろうとしており、きちんとご挨拶・お礼申し上げぬままで申し訳ございませんでした。なんとか復活し親戚などへの報告をしております。

  英訳で苦労されているとのこと。私は昨年末に学生時代のホームステイ先であるアメリカ人家庭に父のことを知らせましたが、仏教徒であること、浄土に行ったことなどを英語で説明するのが大変だったのを思い出しました。

  幸い土日とも荒天とならず、しかし大変なお忙しさだったと思います。今夜は少しでも安心してゆっくり休まれるよう願っております。
IMG_0761.JPG 
前略御免下さい
先般は大変お世話になり、有難うございました。
証明書2通、額縁とともに確かに受領致しました。
たくさんの写真ともども大切にしたいと思います。
また証明書の一つは大阪の義母に渡します。
思いがけず、陸海の座標軸の違いについても知る事ができ
ました。知らない事が多いものです。
当日天候を心配しておりましたが、無事終えることができて
ホッとしております。今週末も空模様がはっきりしておりませんので、
本当に幸運でした。
散骨による形での供養は諸に就いたところでしょうが、人間が
死して自然に帰り、自然と一体となっていくというのは、もともとある
日本人の感性にそぐったものではないかと思います。
少子高齢化や家族の在り方などが多様化していく中で、
この様な海洋散骨は今後ますます増えていくのではないかと考えております。
今井様をはじめ、シー・ドリームのスタッフの皆様に改めて御礼
申し上げますとともに、この重要な役割をこれからも大いに果たして
いただくことを期待しております。
私も川と海がより綺麗なものとなりますよう努めてまいります。
                                    草々

           今井健夫様

                       〇〇 〇〇