2013年8月アーカイブ

写真 (2).JPG

 

今井 健夫 様

前文 失礼 お許し下さい。

早速に書類等ご送付頂きまして ありがとうございました。

また、電話でも ご親身な説明 ご助言 感謝致します。

 

父が2011年6月に亡くなりましてから 納骨のことでは

姉と色々相談してまいりました。父は三男ですので

新しくお墓を建てなくてはいけなかったのですが、姉も私も

婚家の墓を守らなくてはなりません。父と最期に郷里

の熊本の墓を旅した時に、樹木葬か海洋散骨で・・・・と

話し合いました。でも、ここぞ・・・・と思える墓所がないまま。

先日 テレビ放映で、これこそと思ったのです。

   これこそ、私達の求めていた供養の方法です。

どうぞ、よろしく お願い申し上げます。

当日は、姉と私の家族で参ります。

 

                          8月22日

前略

電話しました散骨の件につきまして、早々に見積等の丁寧な情報を

送っていただき誠に有り難うございました。

連休のため受領をこの葉書で伝達いたします。

御助言いただいた内容をも含めて少々検討させていただきたく思っています。

左程遅くならない内に連絡させていただきます。

まずはお礼まで。 写真 (1).JPG

この方の散骨は、後日承りました。